JUIDA認定のドローンスクールの特徴

JUIDA認定のドローンスクールの特徴

せっかくドローンスクールに通うならしっかりとした講習を受けたい、認定団体の認定を受けたドローンスクールを選びたいと考える人も多いのではないでしょうか。
ドローンスクールを選ぶなら、JUIDA認定があるところがおすすめです。
JUIDAとは一般社団法人日本UAS産業振興協議会の略称で、日本最大級の認定団体です。
UASとは無人航空機システムの略称となっており、ドローンの講習などを扱うスクールではJUIDA認定のもとに参加者に座学や実技などを実施していますJUIDAに認定されたドローンスクールで講習を受けた場合、JUIDAが定める申請手続きを完了すると無人航空機操縦技能証明証や無人航空機安全運航管理者証明証の交付を受けられるのがポイントでしょう。
操縦技能コースと安全運航管理者コースのどちらを受けるかで交付される種類が異なりますが、いずれもドローンを安全かつ快適に操作するために必要なものとなっています。

ドローンスクールで得られるDPA認定の詳細

ドローンスクールで取得が出来るDPA認定資格は、2種類があり、操縦士は回転翼航空機の飛行に必要な基礎知識と操縦する基本技術の認定、インストラクターの方は回転翼航空機の実地を講習するための技能、座学・実地を講習するときに必要な基礎知識を認定するものです。
ドローンスクールで取得する場合でも申請条件は違います。
操縦士の3級だと15歳以上で視力が両目0.7以上、且つ片目で0.3以上(眼鏡やコンタクト可能)、赤・青・黄の識別が出来ること、10時間以上の飛行試験がある・学科と実技の試験に合格・指定のオンライン講座を受講し終了していることです。
級インストラクター申請条件は、18歳以上でこちらも視力は両目0.7以上で且つ片目で0.3以上、赤・青・黄色の識別、操縦士の3級があること・50時間以上の飛行経験などです。
操縦レベルも段階に分かれていて、レベル1だと使う人の手動での目で見える範囲での飛行に限定されますが、レベル4だと目視外で有人地帯も飛べます。

ドローンスクールに関する情報サイト
ドローンスクールって何?

このサイトでは、多くの場所で活用されるドローンを操縦できるようになるための、ドローンスクールについて解説します。ドローンの操縦には、高い操縦技能や航空法など法律の知識が必要なため、スクールに通いたいと考える方は多い事でしょう。 そこでこのサイトでは、スクールに通うメリットや基本的な講習内容などの基礎知識をご紹介し、あなたにピッタリなスクールの選び方をお教えします。特に、JUIDA認定のスクールについてはより詳しく特徴を説明し、気になる費用相場は具体的な金額を示しながら解説をしますので、スクール選びの一助となれば幸いです。

Search